こんばんは。暑いですねぇー。夏コミ告知になりますー。

<コミックマーケット90
 くむ組む 3日目(日曜日8/14) 東地区 ペ-51b >
 vol.8『左右本
 ~なぜそれが右でそれが左なのか~』
 20p, 頒布価格300円

今回は日頃気にせずに使っている、「みぎ」と「ひだり」のお話です。右と左はさまざまな事柄を二分割します。例えば、なぜ日本では、車は左側通行なのでしょうか。世界を見ると、車の通行については、右側通行派と左側通行派に分かれます。仮にそれを身体的理由にあげるのであれば、右利きが多い中で、なぜ片方に統一されないのでしょうか。
 もう一つ気になること。それは、右と左は逆になることです。例えば、北を向いてAさんが立っているならば、Aさんの右は東です。しかし同時に、南を向いて立っているBさんがいるならば、Bさんの右は西です。同じ右でも、方向は全く逆になります。この即物的に左右を把握しようとしたとき、即物の立場によって右と左が逆になる、この不思議な言葉になんだか興味を持ってしまいました。
 というわけで、今回は、この本を読み終わると、右と左が気になって困ってしまう、そんな右と左のお話です。

■なぜ、日本は左側通行と定められてたのか?
■左側通行と決めたが、当時の陸軍は右側通行だった。
■右側通行を採用した国の理由は、馬車の違いとナポレオンの戦法。
■なぜ西洋は右が優位で、日本は左が優位なのか。
■MacとWindowsで違う、右と左の違い。
■鏡を見たとき、なぜ上下は反転しないのに、左右は反転するのか、の前に。

また、当日は、GIGAZINEでも取り上げられた、レジプラを実運用の予定です。

立ち読み大歓迎!ぜひ、お立ち寄りください~。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly